犬と一緒にイルミネーションを楽しむために気を付けたいこと

キレイなイルミネーションを楽しんで良い思い出にしよう

 

寒くなってくるといろいろなところでイルミネーションが始まります。

公園やアミューズメント施設、街中やご近所さん。

あちこちできらびやかなイルミネーションが楽しめる。

ワンちゃんと一緒にお散歩をしているだけでも、イルミネーションを楽しめたりすることもありますよね。

でも、人がたくさん集まるところで見るイルミネーションでは、少し注意が必要です。

楽しい思い出を作るためにも、いくつかのことを気を付けてみてくださいね。

 

 

犬と一緒にイルミネーションを見る時の注意点

 

ワンちゃんの安全のためにも、きちんと守りましょう。

1.リードは離さず短く持つ

2.犬が苦手な人もいるということを意識する

3.キャリーやカートなどから手を離さない

4.トイレの始末は必ずする
  (できればトイレは我慢してもらう)

5.シニアや小さい子、寒がりな子には防寒対策をする
  (もちろん飼い主さんも忘れずに)

6.犬を歩かせる場合は周囲に気を付ける
  (踏まれたり蹴られたりしないように)

7.入ってはいけないところに入らない

8.撮影スポットを長時間独占しない
  (他の人が待っているのを忘れずに!)

9.ライトに近づきすぎない

これはごく当たり前のことで、愛犬家の皆さんなら普通にできていることでしょう。

犬と一緒に出掛けることができる場所は、犬を飼っている人たちのマナー次第で良い場所にもなり、悪い場所にもなります。

一部のマナーが悪い人のせいで、犬と一緒に行くことができなくなってしまう場所もできてしまいます。

愛犬といろいろなところに行きたいって、皆さん思いますよね。

だからこそ、きちんとマナーやルールを守る必要があるんですよ。

これぐらいいいか、という気持ちが残念な結果になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

イルミネーションを見ている人たちは足元をあまり気にしません。

小さいワンちゃんを歩かせるのは注意が必要です。

大きいワンちゃんも歩く際はカバンなどにぶつかったりすることもあります。

ビックリして走り出してしまう、なんてこともあるかもしれません。

リードを短く持って、すぐにコントロールできるように気を配りましょう。

 

ライトに近づけすぎないというのは、思わぬ事故に繋がる恐れがあるので気を付けましょうという意味です。

滅多に近づくことはないと思いますが、強い光はワンちゃんの目にもあまり良くはありません。

必要以上に近づくのは止めましょうね。

 

ルールを守って楽しいお出かけをしましょう。

 

 

スポンサーリンク