犬が苦手な犬。苦手なままで良い?それとも仲良くさせる方が良い?

犬だって犬が苦手なこともあります

 

あなたの愛犬は犬が苦手ですか?

お散歩をしているとたまに

「うちのこ犬が苦手で~、人は大好きなんですけど~」

という飼い主さんとワンちゃんに遭遇します。

そういうワンちゃんは大抵、飼い主さんの後ろに隠れて様子を見ているか、人の方にばかり興味を持って撫でてもらおうとしたりします。

中には、ワンワン吠えて近づくな~!と威嚇する子もいますね。

同じ犬とはいえ、いろんな子がいるわけです。

犬だけど、犬が苦手な子もいます。

 

スポンサーリンク

 

 

犬が苦手という犬の飼い主さんのよくやってしまう行動とは

 

犬が苦手だと、あまり犬同士の交流はありませんよね。

お散歩ですれ違ってもちょっと挨拶して通るくらいで、犬同士でのご挨拶はほぼ無いでしょう。

ドッグランで他の犬と遊ぶなんて、夢のまた夢だわ。

何でうちの子は犬が苦手なのかな。

なんて考えている飼い主さんも多いと思います。

できれば犬同士で楽しそうに遊んだり、挨拶したりするのって憧れだったりします。

だから飼い主さんは、できるだけワンちゃんに犬同士で仲良くできるように、あれこれチャレンジしているのではないでしょうか。

例えば、お散歩中に出会ったワンちゃんと無理に挨拶をさせてしまうとか。

飼い主さんの後ろに隠れているのに、抱っこして相手のワンちゃんとご挨拶させちゃうこと、ありませんか?

これ、ワンちゃんからしてみたらいい迷惑なんです。

もし、怖くて隠れているのに無理やり動けない状態にされて、苦手なものの前に出されるとしたら、あなたはどんな気持ちになりますか?

すっごく嫌ですよね。

その気持ちをワンちゃんも感じています。

守ってもらえるはずの人に、そんなことされたら悲しくなります。

 

 

少しずつ愛犬のペースに合わせて近づいていく

 

では、どうすれば良いのか。

正直なところ、嫌がっているのに無理に仲良くさせる必要はないんです。

仲良くしてほしいというのは飼い主さんの思いであって、犬の意思ではないですよね。

犬同士で楽しく遊んでいるところを見たいという気持ちは分かりますが、ワンちゃんにその意思がないのであれば、仲良くさせる必要もないんです。

ただし、攻撃的になってしまったりする場合は、しつけやトレーニングをして改善していく必要があります。

それはワンちゃんにとっても、飼い主さんにとっても、今後も楽しく暮らしていくために大切なことだからです。

ただ単に、苦手で避けているのであれば、そのままでも良い。

でもどうしても、少しくらいは仲良くなってほしい。

そう思うのであれば、ゆっくり時間をかけてください。

 

スポンサーリンク

 

 

最初はよく会う大人しいワンちゃんと飼い主さんに協力してもらいましょう。

会うたびに飼い主さんが相手のワンちゃんと飼い主さんと仲良くお話をすること。

飼い主さんが心を開いた相手だと、ワンちゃんも安心することができます。

何回かあっているうちに、少しずつ、ワンちゃんが相手に興味を示してきたらそっと見守ってください。

そして優しい声で「○○ちゃんだよ、仲良くしようね」と声をかけましょう。

いきなりワンちゃんの体を押したり、抱っこして近づけたりすることはしません。

ワンちゃんの安心できる距離を保ってあげてくださいね。

さらに回数を重ねてくると、匂いを嗅ぎに行ったりすることができるようになってきます。

あくまでも、ワンちゃんのペースで行動させること。

最初の1頭と仲良くなれれば、ワンちゃんも自信がついて他の子とご挨拶ができるようになってくるでしょう。

 

ワンちゃんの性格にもよりますが、根気よく続けることです。

筆者の愛犬も、最初は犬が苦手な犬でした。

でも少しずつ犬に興味を示し、優しいワンちゃんとはご挨拶ができるようになっています。

元々、我が家に迎える前から他の犬と遊ぶよりも一人で遊ぶ方が好きだった性格なので、無理に他の犬と遊ばせるということはしませんでした。

犬のペースで、安心できる距離を保ちつつ、日々ワンちゃんとご挨拶を続けていく。

 

もし、あなたの愛犬が犬が苦手な犬だったら。

ワンちゃんにとって何が良いのかを考えてみてくださいね。

必ずしも、犬が犬と遊ぶことが幸せとは限りませんから。

 

 

スポンサーリンク