パーティーシーズン、犬猫の誤飲に注意!

大切なペットを守るために気を付けること

 

12月はクリスマスや忘年会、大晦日など、人が集まってパーティーやお祝いなどをすることが多くなってきます。

ペットがいるご家庭でパーティーをする場合、気を付けなくてはいけないことがあります。

それはペットがいろいろな物を飲み込んでしまって起きる誤飲やいたずら。

これはペットだけに限らず、小さなお子様にも言えることですので、十分注意してください。

スポンサーリンク

 

こんなものが危険です!

 

焼き鳥の串
チキンの骨
割りばし
ピック、つまようじ
クラッカーの中身(小さな紙や紐など)
アルコール
チョコレート
ろうそく
食べ残し

パッと思いつくだけでこれだけあります。

他にももっとあるでしょう。

どれも口に入れたら危険なもの。

焼き鳥の串や割りばし、つまようじは長くて先が細くなっています。

飲み込んでしまうと突き刺さってしまう可能性も。

チキンの骨も避けてしまうと尖っているため、器官を傷つけてしまいます。

スポンサーリンク

 

アルコールを与えてはいけないことは十分知っていますよね?

ちょっとだけとか、絶対にダメです。

チョコレートや食べ残しも危険。

パーティーをしていると、つい楽しくてペットのことを忘れがちになってしまうかもしれませんが、楽しいパーティーを続けるためにも、きちんとペットの管理をすること。

いたずらしたり、変なものを食べたりしないように、ケージでおとなしくしてもらうのが良いですね。

 

 

様子が変だったら迷わず病院へ

 

ペットの様子がおかしいかも?と思ったら、状態をしっかりと把握しすぐに病院へ行きましょう。

様子が変わる前に何をしていたか、何か口にしていなかった、いたずらしていなかったか。

もし何か遊んだ形跡があったら、それを一緒に病院へ持っていきましょう。

誤飲をしてしまったり、危険なものを食べてしまった場合、早急な対応が必要です。

なにかが詰まってしまっていたら呼吸困難になってしまいます。

とにかく、早く病院へ行くことです。

 

大切な家族が具合が悪くならないように。

しっかりと管理をすること。

楽しいパーティーを過ごすためにも、十分気を付けましょうね。

 

 

 

スポンサーリンク