犬が付けている黄色いリボンの意味、知っていますか?

イエロードッグプロジェクトを広めよう

 

イエロードッグプロジェクト。

聞いたことあるでしょうか?

まだあまり知られていないのですが、多くの人に知ってもらいたいプロジェクトです。

 

このプロジェクト。

とても簡単なものです。

それは愛犬に黄色いリボンを付けるだけ。

でも、この黄色いリボンはみんなが付けるものではありません。

それには意味があるんです。

 

 

黄色いリボンはそっとしておいてのサイン

 

下のポスターをご覧ください。


(出典:Miki Saito, CPDT-KA – Animal Training and Behavior

 

このポスターを見て分かるように、黄色いリボンを付けているワンちゃんはそっとしておいてほしい理由があるのです。

見た目には何も変化が無くても、もしかしたらとても怖がっているのかもしれないし、興奮してしまっているかもしれない。

そんな時、この黄色いリボンが付いていたら、お互いのために静かに通り過ぎるという判断ができますよね。

もし、お散歩中に黄色いリボンを付けていたら、そのワンちゃんが落ち着いて通り過ぎることができるように、協力してあげましょう。

 

ポスターではリードに黄色いリボンを付けていますが、実際には、首輪についていたり他の場所についていることもあるようです。

注意してみてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

知らなければ意味がない

 

このプロジェクトは、犬を飼っている人が知らなければ意味を成しません。

そのためにはこのイエロードッグプロジェクトを広めていく必要があります。

お散歩仲間に伝えたり、ブログやSNSでどんどん拡散していきましょう。

そうすることで多くの人が認知し、黄色いリボンを付けた犬を見かけたときにそっと優しく見守ることができるようになります。

 

トレーニングをしている時、頑張って外の世界に慣れようとしている時、元気に戻る為にリハビリをしている時。

そんな時に、「がんばれ~」と優しく見守ってくれると、私たちもうれしいですよね。

頑張っているワンちゃんと飼い主さんを応援する意味でも、このイエロードッグプロジェクト、黄色リボンを広めていきましょう。

犬の飼い主さんだけじゃなく、犬を飼っていない人もこの黄色いリボンの意味を知ってほしいですね。

 

イエロードッグプロジェクト FBページ

 

スポンサーリンク

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.