犬のお世話は意外と大変?飼う前の理想と飼ってからの現実

犬を飼う前に知っておくべき犬のこと

 

このサイトを訪れてくださるみなさんは、ほとんどの方がすでに犬を家族に迎えいれている人たちでしょう。

その人たちには当たり前のことかもしれません。

ですが、これから犬を飼おうと思っている人たちにとっては、知っておくべきこと。

メディアなどではかわいい部分、癒される部分、ハッピーになれる部分。

そこしか映し出されていない。

でも現実には、それだけではなく、大変なこと、苦労することなどもあるんです。

それを知らずに犬を迎えると、こんなはずじゃなかった、こんな大変だと思わなかった…。

そんな飼い主さんが増えてしまう。

犬も飼い主も不幸になってしまわないように。

まずは飼う前に知っておくべきことを広く伝えていきましょう。

 

 

犬の世話で大変だと思うアンケートのトップ3

 

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEがモニター3640名に対して行ったペットのアンケート。

その中の「ペットの飼育で何が大変か?」という結果が次のように出ました。

<犬の場合>

1位:シャンプー、爪切り、トリミング(38.8%)

2位:健康管理(31.0%)

3位:排泄の世話(30.6%)

続く4位に散歩(28.2%)が挙げられています。

(アンケート結果引用:ネットリサーチディムスドライブ ペットに関するアンケート

この結果、みなさんはどう思われますか?

 

実際に犬がいる家では、まぁそうだよね、当たり前のこと。

そんな風に思うでしょうか。

確かに上位に挙がっていることは、必要なことで飼い主の義務でもあります。

これをきちんとできて、飼い主としての責任が果たされる。

そういっても過言ではないでしょう。

 

ですが、実際にペットを初めて飼った人、これから飼う人にとってはこれが大変だという事がわかりません。

だから飼う前と飼った後の理想と現実が離れてしまい、こんな大変だと思わなかった…となってしまうんです。

普通に考えれば、命を育てるということが簡単なはずないんですよね。

そこをすっ飛ばして、良いところばかりを表に出すというのも、おかしな話です。

 

スポンサーリンク

 

しつけのこともあります。

犬は吠える生き物です。

子犬の頃はあまり吠えないかもしれませんが、そのうち吠えるようになります。

それが自然なことです。

とはいえ、人間社会で暮らしていくうえでは犬にも協力してもらわなければいけません。

しつけやトレーニングをして、吠えることをコントロールする必要もあります。

これをおろそかにしてしまって、手に負えないから…ということになるのは間違っています。

 

 

ただかわいいから、では犬を家族に迎える資格はありません

 

犬との暮らしはとても良いものです。

心が通い合う、人にとっては好いパートナーです。

ですが、人次第でその関係も崩れます。

かわいいからというだけで、犬を迎えないでください。

犬は動くぬいぐるみではありません。

私たち人間と同じ、命のあるいきものです。

そこには、命を大切にする責任があります。

迎えた子の生涯が終わるまで、必ず責任をもって飼うこと。

その覚悟がある人だけ、迎えてください。

 

これから犬を迎えたいと思っている人は、こちらの記事も読んでくださいね。

犬を飼う前に必ずチェックする15項目

 

 

 

スポンサーリンク