「支援したい」 × 「支援してほしい」を叶えるAmazonの新サービス

<この記事の目次>

動物愛護団体への支援が簡単にできるようになるサービス

ペットを飼っている人なら一度は耳にしたことがあるであろう「動物保護(愛護)団体」

聞いたことがない人のために、簡単に説明すると

動物愛護団体は、飼い主の理由により飼育放棄された、増えすぎて飼いきれなくなってしまったなどの理由により、保健所等に持ち込まれた犬猫を引き取り、新しい飼い主を探すことをしている団体です。

この愛護団体のほとんどはボランティアの人たちによって組織されています。
もちろん、お給料などはありません。
完全ボランティアです。

では犬や猫たちの医療費やフード代、消耗品費などはどうしているのでしょうか。
それは、その団体をサポートしたい、支援したいという人たちからの寄付で賄っています。
ただ、寄付だけでは追い付かない部分もあり、その分はボランティアさんたちの自腹になっているよう。

とても素晴らしいことを率先してくれているボランティアの人たちには、頭が下がりますね。

スポンサーリンク

愛護団体では多くの支援物資を募集しています

多くの愛護団体は、それぞれに支援物資を募集しています。

例えばタオルやペットフード、ペットシーツなどの消耗品。
去勢・避妊手術やケガ、病気に対する医療費など。

団体によって必要としているものは違ってきますが、多くの団体はこれらの支援を待っています。

でも私たち一般飼い主は、支援したいと思ってもどこにしたらいいのか、何をしたらいいのかがわかりにくいのです。

「支援したい」という気持ちがあっても、どうしたらいいのかな?と迷っている間に時は過ぎていきます。

大手ECサイトのAmazonが「支援したい」と「支援してほしい」をつなぐ

大手ECサイトのAmazonが「動物保護施設 支援プログラム」
動物保護施設で新しい飼い主を待ちながら生活する犬や猫を支援する取り組みを開始しました。
http://www.amazon.co.jp/animalshelter

このプログラムは、捨てられたり保健所へ預けられたりして行き場を失い、動物保護施設で生活する犬や猫たちを、Amazon.co.jp を通じて支援する取り組みです。

仕組みは以下の様になっています。(Amazonプレスリリースより引用)

支援の流れは、「動物保護施設 支援プログラム」のページ上から、ご自身が支援したい保護施設を選択し、各施設が作成した「ほしい物リスト」から商品をご購入いただくことで、施設に商品が寄付される仕組みです。

各保護施設の「ほしい物リスト」では、ペットフードペットシーツ猫砂犬の散歩用のリード猫の爪とぎなど、各施設で保護されている犬や猫が適切な環境で過ごすために必要な商品がリストアップされています。
また、各施設が運営にあたって必要としている衛生用品なども支援の対象となります。

支援できる動物保護施設について

支援できる動物保護施設は、動物関連代替へ支援を行っている公益社団法人 アニマル・ドネーションと、審査を通過した保護団体のみが利用できる保護犬・保護ねこのマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)を運営する株式会社シロップに選定・審査を委託しています。

6月12日現在で、合計15施設が支援対象となっています。

支援先の動物保護施設は今後拡大していく予定となっています。

また、プログラムによる支援を新規に希望する動物保護施設は「OMUSUBI」(お結び)を運営する株式会社シロップにお問い合わせください。
お問合せ先: omusubi-support@syrup.jp.net

<プログラムを通じて支援できる動物保護施設一覧 (※2019 年6 月12 日現在)>

・公益財団法人 動物臨床医学研究所「人と動物の会」(鳥取県) [保護対象:犬・猫]
・認定NPO 法人 アニマルレフュージ関西(大阪府) [保護対象:犬・猫]
・認定NPO 法人 未来といのち(東京都) [保護対象:猫]
・NPO 法人 キドックス(茨城県) [保護対象:犬]
・NPO 法人 しあわせの種たち(岡山県) [保護対象:犬・猫]
・NPO 法人 セブンデイズ(福岡県) [保護対象:犬・猫]
・NPO 法人 DOG DUCA(愛知県) [保護対象:犬]
・NPO 法人 ねりまねこ(東京都) [保護対象:猫]
・NPO 法人 Wonderful Dogs(埼玉県) [保護対象:犬]
・一般社団法人 アニマルハートレスキュー(神奈川県) [保護対象:犬・猫]
・一般社団法人 SORA 小さな命を救う会(愛知県) [保護対象:犬]
・一般社団法人 ねこたまご(北海道) [保護対象:猫]
・那須ハイランドパーク SOS(栃木県) [保護対象:犬]
・ネコリパブリック東京 お茶の水店(東京都) [保護対象:猫]
・ネコリパブリック東京 中野店(東京都) [保護対象:猫]

Amazon及び動物保護施設からのコメント

アマゾンジャパン合同会社バイスプレジデント 消費財事業統括本部長 前田宏は、次のように述べています。

「日本ではペットを新しく迎える際に、動物保護施設などから譲り受けるケースが他国と比べるとまだまだ少ない状況です。
Amazon は、当プログラムを通じて動物保護施設を支援し、より多くの犬や猫のいのちを支えると同時に、ペットを迎える新しい選択肢として保護犬・保護猫の譲り受けが社会に広がることを期待しています。」

また、当プログラムによる支援対象の動物保護施設の一つである「Wonderful Dogs」代表者の岩渕 友紀氏は、次のように述べています。

「施設を継続的に運営していくため、こういった支援は本当に助かります。今も近隣の方々や実際に里親になってくださったご家族から支援を頂くことはありますが、ペットフードやペットシーツなどの消耗品はいくらあっても困りません。支援をいただくことで、より多くの犬や猫が新しい家族に出会う機会を増やすことができます。私たちだけでは社会に広く呼び掛けることは難しい
ですが、Amazon の『動物保護施設 支援プログラム』では全国の方々から支援を募ることができます。このプログラムを通じて支援の輪が広がることで、保護犬・保護猫たちを社会全体で支えられたら嬉しいです。」

Amazonプレスリリースより引用

まとめ

支援したい人と支援してもらいたい人をつなぐ、新しい支援の形が完成したのではないでしょうか。

なにか保護動物のためにしてあげたいと思う人は多いです。
でも実際に何をしたらいいのか、どこに連絡をすればいいのかがわかりにくかったりします。
それをこのプログラムが解消してくれます。

そして支援される側も忙しい中のやり取りをする時間にとらわれず、本当に必要としているものを送ってもらえるのはとても良いことだと思うのです。

支援は「したい人」と「してほしい人」の両方が「よかったと思える」ことが一番ではないでしょうか。

是非、多くの人にこのプログラムを知ってもらいたいですね。
支援したい人と支援してほしい人をたくさんつないで、幸せになるために待っている動物たちのために活用してほしいと願っています。

動物保護施設 支援プログラム 公式ページ

スポンサーリンク