真夏の道路の温度、あなたは知っていますか?

気温が40度近くなる日本の夏。

昼間に外に出ているだけで日差しでくらくらします。

愛犬家の皆さんなら、こんな暑い日差しの中、ワンちゃんをお散歩に連れて行くなんてことはないと思います。

でも、実際に外に出てみると、信じられない光景を目にすることもあるのです。

 

愛犬を守るための啓蒙活動をしよう

 

炎天下の中、犬を散歩させている人を見かけることがあります。

人は日傘をさして日差しを避けています。

でもワンちゃんはとても暑そうです。

この飼い主さんは、なぜ暑いのを分かっていて犬を散歩に連れて行くのでしょうか。

 

真夏のアスファルトの温度、皆さんは知っていますか?

真夏の砂浜と同じ、60度にもなるんです。

真夏の砂浜を裸足で歩くことができますか?

ビーチサンダルを履かないと、とてもじゃないけど歩けませんよね。

ワンちゃんはその暑さと同じくらいの暑さを肉球に感じているんですよ。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

暑い夏!飼い主さんが気を付けるべき3つのこと

 

犬だから大丈夫でしょう。

そんな風に思っている人も中にはいるようですが。

実際に夏の時期は、肉球が火傷してただれたり、皮がむけてしまったりする子が病院に多く来るそうです。

可愛い肉球が痛々しいことになってしまうなんて。

愛犬家としては信じられないことですよね。

でも、実際にはまだまだ知られておらず、真夏の炎天下でお散歩をしている人も多いのです。

 

スポンサーリンク

 

広めることが犬を守ることに繋がります

 

ペットの保護活動をされているNPO法人ペット里親会さまがポスターを作製しています。

このポスターはダウンロードしたり、シェアをしたりして拡散することが可能です。

ご自宅の外に、ポスターを張ってお散歩中の人たちにお知らせしたり、フェイスブックやツイッターなどで多くの人に拡散することができます。

犬を飼い始めたばかりで、犬のことを知らない人を始め、無頓着な飼い主さんにも伝わるように。

多く広めていきたいですね。

ポスターのダウンロードはこちらから。
(NPO法人ペット里親会さまのダウンロードサイト)

 

スポンサーリンク

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.