初めての人必見!ドッグカフェでのマナーとルール

ドッグカフェでのマナーとルールは守っていますか?

 

愛犬とはどこでも一緒に行きたい!

愛犬とのお出かけはいつもの景色がさらに楽しく思えてしまうくらい、本当に良いものですよね。

近所の公園でのお散歩、ちょっと一緒にお買い物、ドッグランで遊んで、休憩しにドッグカフェへ。

そんな休日を送っている飼い主さんもいるでしょうか。

 

さて、ドッグカフェは行かれたことありますか?

ここでいうドッグカフェは犬連れのお客様をメインとしたカフェのことです。

ですので、店内にはリードフックや犬のトイレ、足ふきタオル、飲み水などが用意されていたりします。

ワンちゃんに特化したカフェ、という感じですね。

 

このドッグカフェを利用する際には、普通のカフェと違いいろいろとルールがあるようです。

初めてドッグカフェデビューをする人も必見ですよ。

 

 

ドッグカフェのルールとマナー

 

ドッグカフェは人のカフェとは違い、ルールがあるお店が多くあります。

詳しいルールはそのお店で確認してほしいのですが、例を挙げると

 

・ワンちゃんは洋服を着用すること

・粗相をしてしまったら必ず店員に言って掃除をすること

・テーブルに手をかけさせないこと

・椅子の上にのせる時は必ずカフェマットを敷くこと

・店内ではマナーベルトを着用すること

 

などなどいろいろとあります。

お店によってルールが厳しいところ、優しいところとありますので行く前にホームページなどで確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

マナーに関してはどのお店も共通でしょう。

 

・おしゃべりに夢中になって犬から目を離さないこと

・犬が苦手な犬もいることを忘れないように

・吠えたり騒いだりしたらきちんと制止すること

・犬同士のご挨拶は飼い主さんに許可をもらってから

・椅子に乗せても良いか先に確認すること

・リードはリードフックかしっかりと持っていること

・カフェに入る前にトイレを済ませておくこと

・周囲に人がいることを忘れずに犬を管理すること

・ヒート中、発情中の子は入店しないこと

・テーブルの上に犬を乗せないこと

・人の食事を犬に与えないこと(犬用に用意されているものをあげましょう)

・汚したり破損した場合は速やかに店員に伝えること

 

書けばまだまだたくさん守ってほしいマナーはあります。

これはドッグカフェに限らず、飼い主は意識をしておくことです。

マナーの良い飼い主が増えれば、犬と一緒に行ける場所は増えていきます。

逆にマナーが悪い飼い主が増えると、一緒に行ける場所はどんどんなくなっていきます。

どんな時でも、人に迷惑や不快を与える行為をしないように気を付けていきましょうね。

 

 

 

ドッグカフェと犬OKのカフェとの違い

 

ルールとマナーはしっかりと守ることが愛犬と一緒に楽しむコツでもあります。

ドッグカフェでは犬と飼い主さんに向けてのお願い事などは書かれていますが、人がメインのカフェでは書かれていないことがほとんどです。

でも、基本的にマナーは同じです。

一番気を付けたいことは、犬が苦手な人もカフェにいるかもしれないという事です。

ドッグカフェでは犬が苦手という人は来ません。

でも普通のカフェではありえますよね、

犬OKのカフェでは、リードを短く持って犬があちこち移動しないように気を付けることが大切です。

また、カフェにいる時は毛が飛び散らないように配慮するために、洋服を着せておくのも良いですね。

大人しく待っている犬は犬を飼っていない人から見ても、きっとかっこよく見えるでしょう。

スマートにカフェを楽しむのも良いですね。

 

ドッグカフェでのルールとマナー。

これはみんながその場を楽しむためのものです。

自分だけ良ければいいのではなく、みんなで心地よい場所で楽しく過ごせるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク