犬と一緒に電車に乗るとき。ルールを守っていますか?

愛犬と一緒に乗る電車でのルール、ちゃんと知ってますか?

 

愛犬とのお出かけは楽しいですよね。

でもちょっと遠出をするとき、あなたは交通手段はどうしていますか?

クルマ?電車?それともお留守番してもらいますか?

 

愛犬と遠出をすることは少しハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

筆者は車の免許を持っておらず、愛犬を連れて遠出するときは電車かお留守番をしてもらうことになります。

そうすると、ちょっと遠出は面倒だなとか、愛犬に負担かかるかもとか、お留守番させるのもなぁ、なんて思うようになります。

本当は一緒に行きたいけど、なんだかルールもあるし、面倒くさそう。

そんな方のために、電車に乗る際のルールについて書いてみましょう。

 

鉄道会社や地域によって犬の乗車制限に違いがある

 

基本的に、JRは次のようなルールがあります。

小犬・猫等のペット(小動物)は、長さ70センチ以内、最小の立方形の長さ、
幅および高さの合計が90センチ程度、動物を合わせた重さが10キロ以内になる容器に
ペットの全身を収納。

抱いたままや、バッグやソフトケースに入れた状態ではご利用になれません。

またドッグスリングは、全身が入っていてもご利用になれません。

ペットカート(ペットバギー)は、カートも含めた寸法がペットを有料手回り品として
お持ち込みいただける制限を超えるため、ご利用になれません(ケースとカートを分離する場合を除きます)。
駅構内や車内では、ペットをケースから出さないで下さい。

なお、動物が苦手なお客様やアレルギーのお客様など、ご不快に感じるお客様もいらっしゃることから、下記の点をお守りください。
(引用:JRお出かけネット「ペットと一緒に列車に乗るには、どのようにすればいいですか。」

 

ドッグスリングを利用している人も多いと思いますが、あれはNGです。

犬の全身が覆われていても、外側が柔らかいため安全性が保てないということらしいです。

また、以前、筆者がドーム型のキャリーバッグでも少し柔らかいソフトタイプのもので電車に乗るときに、駅員さんに聞いてみました。

その駅員さんは大丈夫ですと言ってくれましたが、ソフトケースの部類になるのでは?と疑問でした。

駅員さんの判断によるところもあるかもしれませんね。

前もって大丈夫かを確認した方が良いでしょう。

 

では、私鉄はどうなのでしょうか。

私鉄は数多くあり、全てを網羅することができませんが、ほぼJRと同じサイズでの持ち込みのようです。

一部重量などが多いところもありますが、それでも30キロくらいまでとなっているので、大き目の中型犬や大型犬はその時点で電車には乗車できないんですね。

ドイツの様に、大きな犬でも一緒に交通機関を利用できるようになる日は来るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

料金はいくら?どこで支払うの?

 

筆者が住んでいる地域は埼玉県の南部です。

ここにはJRと私鉄が走っています。

犬をキャリーに入れてJRに乗り、私鉄へ乗り換えたときのお話です。

乗車駅のJRの窓口で手回り品の料金280円を支払い、その証明書(長い紙切れ)をもらいました。

乗り換える時はどうしたら良いか聞くと、路線ごとに支払ってくださいと言われました。

 

その後、改札を出ずに乗り換えをし、目的地の私鉄改札口で駅員さんにキャリーを見せて、手回り品の料金を支払いたいんですけどと言ったら。

その駅員さんはとても不思議そうな顔をして、必要ありませんよ、と。

 

話を聞くと、乗車した私鉄ではペットの料金を徴収しないということでした。

てっきり支払うものだと思っていたので、かなりビックリ。

調べてみたら、東京都内を走っている私鉄に関してはペットの持ち込みに料金はかからないようです。

 

JRでは手回り品料金として一律280円がかかります。(2018年9月19日現在)

また、改札を一度出たら、再度乗車する際に手回り品切符を購入しなくてはいけません。

ですので、行きと帰りで2回分ですね。

 

 

乗車中のマナーを守ることを忘れずに

 

電車に乗るときに、周囲に気を配ることを忘れてはいけません。

中には、犬アレルギーの人や怖いと思う人がいる可能性があります。

犬を飼っている人同士でいる時間が長いと、そういった犬が苦手という人の気持ちをついうっかり忘れてしまうことがあります。

公共の場だからという事ではなく、日ごろからそういった配慮を心がけていきましょう。

当然ですが、電車内でキャリーから出したり、吠えているのに制止しないなんてことが無いように。

マナーとルールを守って、愛犬家らしい姿勢ででかけましょう。

 

 

スポンサーリンク