東京都内で犬と一緒に自然を満喫できる!23区内最大規模の水郷公園

東京ドーム約20個分の面積のある都立公園

 

東京都内には立川市にある国営昭和記念公園などの大きな公園がいくつかあります。

その中の一つ「都立水元公園」をご存知でしょうか。

東京都葛飾区と埼玉県三郷市にまたがっている水郷公園です。

公園内には大きな小合溜(こあいだめ)があり、対岸には埼玉県立みさと公園があります。

小合溜(正式には小合溜井)とは東京都葛飾区と埼玉県三郷市との県境に位置する池。
小合溜(こあいだめ)とも呼ばれる。 河川法上としては準用河川に指定されている
Wikipedia 小合溜井より

 

水元公園(小合溜)

 

この小合溜の周りをお散歩するだけでもかなりの距離があります。

鴨やさぎ、かわせみなど様々な鳥たちのサンクチュアリにもなっています。

鳥を撮影するために大きなカメラを構えた人たちも多く、それだけ自然があることがわかりますね。

園内の6か所にバードサンクチュアリとして観察所が設けられています。

その場所では静かに鳥を観察するので、ワンちゃんが吠えないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

子供も大人も犬も楽しめる園内

 

水元公園は大きいだけあり、いろいろな施設があります。

子供と一緒に走り回ったりできる芝生広場。

遊具などがある冒険広場。

デーキャンプが楽しめるバーベキュー広場。

水元公園(バーベキュー広場)

 

もちろん、ドッグランもあります。

他にも生きている化石と言われるメタセコイアの森。

1500本ものメタセコイアは季節ごとに美しい姿を見せてくれます。

静かに森を愛犬と一緒にお散歩するのも癒されます。

水元公園(メタセコイアの森)

 

園内には多くの木々や花々があり、四季を楽しむことができます。

6月から咲き始める1万4千株の花菖蒲が見られる花菖蒲園。

公園の周囲には桜並木が続きます。

自然と四季を身近に感じられる公園です。

 

スポンサーリンク

 

 

犬は公園内リードを付けていればほぼ一緒に歩くことができます

 

ドッグランはそこまで大きくはありませんが、小型犬専用エリアとフリーエリアがあります。

使用料金は無料ですjが、利用前に登録をする必要があります。

犬鑑札と注射済み証などを持参していきましょう。

マナーとルールを守って楽しく遊びましょうね。

水元公園(ドッグラン)

ドッグラン手前側が小型犬専用エリア。奥がフリーエリア。

 

公園内はリードを付けていれば一部を除いてどこでも一緒に行けます。

芝生広場も一緒に遊べるのは嬉しいですね。

水元公園(芝生広場)

でもここでもしっかりとリードは付けて!

もちろん、トイレの始末も忘れずにしましょう。

マナーが悪い人がいると、芝生広場に入れなくなってしまうこともあります。

きちんとルールとマナーを守ってくださいね。

 

 

都立水元公園詳細

名称:都立水元公園(とりつみずもとこうえん)

所在地:葛飾区水元公園・水元猿町・東金町五、八丁目
    埼玉県三郷市高洲三丁目

開園日:常時開園

アクセス:JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町」から
     京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車 徒歩7分

駐車場:311台(有料)
    普通車(1時間まで200円・以降30分ごとに100円)

入園料:無料(一部有料施設あり)

詳細・お問合せは水元公園公式ページへ

都立水元公園

 

 

スポンサーリンク