保護犬猫の譲渡会情報の掲載ができます!ぜひご活用ください

姿勢をよくして、愛犬ともっと楽しく、元気にお散歩しよう! ~楽しいお散歩が、健康・長生き・日々のケアに繋がる~

講座・セミナー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

愛犬ともっと楽しく元気に過ごす日々のケア

食欲の秋? 読書の秋? 
犬たちにとっては、食欲? いえ、それだけではなく、
お散歩も楽しい季節のはず!

とはいえ、
・・・あっちこっちひっぱられる・・・
・・・犬を見るとすぐにほえてしまう・・・
・・・右に左に、落ち着いて歩いてくれない・・・

そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

小型犬だから、
抱っこしちゃえばいいわ、
ほえてても、お友達の犬だから気にしないわ、
なんて思っていませんか?

大型犬であれば、
ひっぱられて自分が転ばないように気を付けよう
なんて思ったりして、
しつけのトレーニングをしたり、
ひっぱらないようなリードを使ったり
なんて考える方も多いかもしれませんが。

いえ、
小型犬でも大型犬でも
ひっぱる、落ち着いて歩くことができない。。

それは、
何かしらに敏感に反応してしまったり、
自分自身を失ってしまったりしているからこそ
おこると考えられます。
犬は4本足の生き物。
その4つの足でしっかりと地面に立ち、
バランスをとって、立ち、歩くことは、
犬の心を落ち着けたり、問題行動を防ぐ、ということにつながっていきます。

ひっぱって歩くことは、
犬の関節にも、
もし、首輪を使っているのであれば、
骨にも異常をきたしてしまう可能性があるかもしれません。
落ち着いて、ゆっくり歩くことがなかなか難しい犬は、
自分自身をコントロールしにくいからなのです。
ちょっとしたリードの使い方を覚えたり、
四肢にしっかりとバランスをとって立つことを
犬自身が知ることにより、
お散歩しやすくなるかもしれません。

☆ひっぱって歩く
☆左右に落ち着きなく歩く
☆2本足で立って歩いてしまう
☆下を向いて歩いている
☆おどおどと歩いている
そんな犬たちはいませんか?

身体のバランスを調え
しっかり立ち、歩けるようになると

☆自制心がつく
☆集中力がつく
☆身体の一部に負担をかけることが少なくなる
☆落ち着く
など変化していきます。
元気のあるのは大歓迎!

心と身体はつながっているので、
落ち着いている時間が少しでも作れる、
身体のバランスをとることを犬自身が知ることにより、
気になる問題が変わってくるかもしれません。

*犬の身体のバランスについて考える
*バランスをとるために必要なことを知る
*飼い主さんが犬とどう向き合っていくかを知る
*犬の身体に負担の少ないハーネスを知る

そんなことが学べるクラスです。

さらに、9月は動物と絆を深める”動物愛護週間”。
愛犬との時間、そして同じ悩みをもつ
ドッグオーナー様のコミュニティの場として
ぜひご活用ください。

講座概要

【日時】
2020年9月4日(金)11:00~13:00

【会場】
柏の葉T-site
千葉県柏市若柴227-1

お申込み
柏の葉T-siteのサイトにお願いいたします
https://store.tsite.jp/kashiwanoha/event/t-site/15366-1157050812.html

【持ち物】
普段お使いになっている首輪、ハーネス等お持ちください。

【参加費】
5,500円

お支払いは現金のみになります。
クレジットカードはご利用いただけませんので、
予めご了承ください。
できるだけお釣りのないようご準備をお願いいたします。

【わんちゃん情報】
犬種、年齢、お散歩のお悩みなどありましたら
ご予約の際、備考欄へお書き添えください。

講師プロフィール

身体と心のケア テリントンTタッチ担当
ぱれっと 人と犬研究家  なかしまなおみ   

HP:http://paleta-feliz.com
  テリントンTタッチプラクティショナーP2

犬とのかかわり方を身体のケアの視点から学び始める。
学ぶにつれ、愛犬のためにと思っていたことが、自分自身の人生がより豊かになっていることにも気づく。
愛犬との別れをきっかけに、自分が学び、伝えてきたこと、愛犬のケアができるとできない、やるとやらないとでは、大きな違いがあると改めて感じる。

メディア協力
愛犬の病気百科  誠文堂新光社 p.224-229 Tタッチとマッサージのご紹介
愛犬をケガや病気から守る本  誠文堂新光社 p.110-119 Tタッチとマッサージのご紹介

講座・セミナー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぱれっと

ご自宅に訪問、講座という形で、愛犬と飼い主さんの心と身体の健康ケア、
サポート、メンテナンスをしています。
一つの命を預かっている、ということを愛犬たちから学びました。

犬の身体のバランスという視点から、犬のケアを学び始め、
愛犬のために学んでいる、と思っていたことが、
自分自身の人生、心と身体につながっているということに気づきました。
愛犬のケアを自分自身(飼い主さん)ができる、できない、やる、やらないとでは、
犬だけではなく、自分自身にも大きな違いが出てくると感じています。

ぱれっとをフォローする
INUGOTO…
タイトルとURLをコピーしました