噛んでストレス発散!天然の木を使ったおもちゃ

噛むことによってストレスの発散ができる

 

犬は本来、噛むという行動をする生き物です。

噛んで顎を鍛えたり、歯をきれいにしたり、たまったエネルギーを発散させるためにも噛みます。

でも、人と暮らすようになって、噛んではいけないという事を教えられます。

家具を噛んだらダメ、人を噛んだらダメ、コードを噛んだらダメ…。

そうなると、噛むという行為ができなくなっていきます。

もちろん、人を噛むという事はいくら犬が噛む動物だからと言って、良しとすることはできません。

では、どうすれば犬の噛む欲求を満たすことができるでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

噛んでよいものを与えよう

 

あれもダメこれもダメとしてしまうと、犬もストレスが溜まります。

そこで、これは噛んでも良いよというものを与えましょう。

例えばおもちゃでは噛むと音が鳴るものや、歯磨き効果などが付いているものもあります。

ぬいぐるみやボールなんかも良いですね。

 

小さな犬はボールやぬいぐるみなどでも十分に噛んで遊ぶことができると思います。

でも、大きな犬はあっという間に見る影もなくなってしまうくらい、破壊してしまうこともあります。

そうなると、大きな犬には耐久性があるものも必要になってきますね。

大きな犬に良く与えられているのは、鹿角や骨など。

しっかりと編みこまれた太いロープのおもちゃなどもあります。

小さい犬と大きな犬では、やはり選ぶおもちゃも変わります。

 

 

おもちゃも安全なものを与えたい

 

市販されているおもちゃは、本当にたくさんあります。

鮮やかな色が付いたもの、匂いや味が付いたものまで。

でもちょっと待ってください。

匂いや味はいりますか?

鮮やかな着色は必要ですか?

見た目がかわいいと嬉しいのは実は飼い主だけなんですね。

どちらかというと犬は、見た目よりも材質や心地よさを重要視するでしょう。

口に入るものだから、できるだけ安全なものを与えたいですよね。

また、パーツが取れやすいものや誤飲しやすいもの、壊れやすいものも注意しましょう。

 

ここで紹介するおもちゃは木のおもちゃです。

日本の森林の間伐材を使い、無塗装、無農薬、自然乾燥で仕上げたもの。


(By Amazon)

愛犬の口に入れても安心できる木のおもちゃです。

サイズはXSからMサイズまで。

超大型犬には少し小さいかもしれません。

 

木のおもちゃなので、ずっと噛んでいると木がささくれてきます。

ある程度したら、一度やすりなどでささくれた部分をきれいにしてあげるとより長持ちしますよ。

おもちゃを与えている時は、時々様子を見るようにしましょう。

選ぶおもちゃも愛犬に優しいものを選びたいですね。

 

スポンサーリンク