愛犬の虫よけ対策どうしてる?お家で簡単スプレーを作ってみよう

春から秋にかけて、お散歩のときに気を付けたいこと。

それは虫!

虫と一言で言っても、蚊、クモ、毛虫、ダニ、ノミ、アリなどさまざま。

草むらでお散歩をするワンちゃんには特に注意が必要ですね。

今日はそんなお散歩のときに使える自作の虫よけスプレーの作り方。

 

100%天然成分で優しく虫を寄せ付けない

 

市販されている虫よけスプレーはいろいろな成分が入っています。

よくわからないものを使うのは嫌!という方もいるのではないでしょうか。

そんな人にお勧めなのが、精油を使ったスプレーです。

市販の物よりは効果は薄いですが、安全性を考えるとワンちゃんのためには良さそうです。

では材料と作り方。

材料:スプレータイプのボトル(50ml)1本
   お水(約50ml)
   精油(レモンユーカリ)2~3滴

作り方:①スプレーボトルの肩口までお水を入れます(約50ml)
    ②そこにレモンユーカリの精油を2~3滴入れます。
    ③ボトルにノズルをセットし、しっかりと閉めたら良く振って完成です。

使用期限:大体1週間が目安(防腐剤が入っていないため)

とっても簡単ですよね。

本来、精油を使うスプレーには無水エタノールなどを入れますが、今回はあえて入れません。

ですので、精油とお水が分離しますので、使用する直前にしっかりと振ってから使うようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

使用上の注意とお願い

 

使用する精油は必ず100%ピュアエッセンシャルオイルを使うこと。

レモンユーカリの精油は蚊やダニが嫌う香りといわれている「シトロネラール」という成分が多く入っています。

蚊除けで使いたいときは、この精油がお勧めです。

 

精油を入れる滴数は、必ず3滴までにしてください。

多く入れれば良いというものではなく、多く入れることによってワンちゃんに害が出る可能性があります。

 

使う時は、ほんの少しだけ変化がわかりやすいところに付けて、パッチテストをしましょう。

時間が経って赤みや痒みが出ていなければ大丈夫です。

 

スプレーは顔周りには絶対に使用しないこと。

背中側から2プッシュくらいして、ふんわりまとわせるくらいで十分です。

 

犬が嫌がったり、異変を感じたらすぐに使用を中止してください。

犬が嫌がるものを無理に使うことは犬にストレスを与えるだけになります。

いくら良かれと思っていても、それではかわいそうですよね。

また、異変を感じたらすぐに使用を中止し、病院へ行ってください。

 

稀に精油が合わない子もいますので、使用したときはちゃんと様子を見るようにしましょう。

きちんと様子を見ていることで、すぐに対応ができます。

 

スプレーから異臭がしたり、異物が見られた場合は使用せずすぐに廃棄してください。

使用期限は1週間が目安ですが、雑菌が入ったりするとそれよりも短くなることがあります。

手作り品は作成後からすぐに劣化が始まっています。

できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

今回作ったスプレーはそのまま人でも使用が可能です。

ワンちゃんと一緒に優しい虫よけスプレーを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.